リモートワーク中でも安心な家って?



テレワークやリモートワークと呼ばれる働き方が急速に注目されています。


実際にいま多くの人が、自宅での仕事に切り替えています。


しかし、環境が整っていないという理由で、実際に困難を感じている方が多いのだとか。




今回のことをきっかけに、今後、働き方が変わることも予想されます。


そこで、未来の働き方として注目されるテレワークやリモートワークに対応できる


住まいづくりについて考えていきたいと思います。



まずは場所を確保しよう



リモートワークに必要なものとしてまず挙げられるのは、です。


パソコンを使う方がほとんどだと思いますので、電源やインターネット環境も必要です。



理想は、個室です。


最低限2帖ほど確保できれば、十分だと思います。




みんなが集うリビングだと集中することが難しかったり、


家族がいると電話会議に支障がでることから、


中2階や、2階の階段をあがったところのオープンスペースに設ける方もいます。


写真は、オープンスペースに天井まである高さの本棚と、


カウンタータイプのちょっとしたデスクを設置した建築例です。




こうしたスペースは、


お子様にとってはレクリエーションスペースとしても利用できるでしょう。


仕事関係の資料はもちろん、家族の写真や大量の本も収納できます。



また、本を読む子になってほしいというパパママの声も多く聞きます。


お子さまの読書の習慣づけにもなるのではないでしょうか。


どんな収納が良いか、チェックしてみよう




クレバリーホームでは、書庫や日用品の収納に適した”MONOプレイス”を提供しています。

さまざまなお客様の声を集約して作り上げた自信作です。



その範囲は、デスク周りから洋服類をしまうためのクローゼット関連、


食品や日用品をしまうパントリー用など多岐にわたります。




しかも、カタログだけでなく、実際にご覧いただける展示スペース


『インテリアフィッティングゾーン』も用意。


詳細はクレバリーホームの紹介ページにてご覧ください。




今回は、リモートワークを見据えた住まいづくりについて


ご案内しました。


新築戸建てをご計画される際には、ぜひクレバリーホームまで


遊びにきてくださいね。


*********************************


千葉県柏市、流山市、松戸市など東葛エリア近郊に新築一戸建てをご計画の方は、


クレバリーホーム柏までお問い合わせください。


*********************************