外壁には何故タイルが良いのか?

皆さんは「モース硬度」ってご存知ですか?これはモノの硬さを10段階で測る単位のことです。例えば、地球上でもっとも硬いダイヤモンドは10、硬いモノの代表格のひとつと思われている鉄であっても4、黒板に使うチョークは1となっています。

実はクレバリーホームが採用しているタイルの硬さは7。いかに硬くキズが付きにくいか、というのがわかります。そんな耐傷性に優れた素材が、外壁に採用され、住まいを守り続けてくれると考えると、何だかとても安心ですよね。



タイルに備わるこの硬さが、キズ付きにくい住まいを実現します。

風で巻き上げられた砂や小石にさらされる外壁は、表面にキズが付いたり、割れたりしないよう硬さが必要になります。だからこそクレバリーホームでは、鉄製の釘やナイフで引っ掻いてもキズが付かないほど硬く、優れた耐傷性を誇るタイルを、外壁として採用しているのです。




今回は、タイルの硬さに関するお話をお届けしました。他にもたくさんあるタイルの魅力を、また別の機会にお届けする予定です。


© 2018 株式会社WOODEYE

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon

新築,一戸建て,流山,おおたかの森,流山お鷹の森,柏,松戸,モデルハウス,住宅展示場,分譲住宅,建売,建て替え,建替,東葛,千葉県,野田,守谷,我孫子,地震に強い,おすすめ,外壁タイル,タイル,クレバリーホーム,クレバリーホームウッドアイ,積水ハウス,セキスイハウス,セキスイハイム,へーベルハウス,住友林業,大和ハウス,ダイワハウス,ミサワホーム,トヨタホーム,木下工務店,センチュリーホーム,ウィザースホーム,サイエンスホーム,広島建設,セナリオハウス,注文住宅,woodeye,WOODEYE,木造住宅,工法,口コミ,建築実例,安心,地震,